2011年08月27日

コミティアの感想

エベレストライブラリ、漫画担当のセキネです。
先週のコミティアで、いただいたり、買ったり、おまけしてもらったりした本を読みました。
どれもこれもおもしろくて、感動したので感想をまとめておこうと思います。
正直に書きます。もしかして失礼なことも書いてしまうかもしれません。
ごめんね。
入手順です。

【−CHAPTER22−】
『失う用意はある? それともほうっておく勇気はあるのかい』
『FORBIDDEN SEPTEMBER』
何がすごいって、この2冊を同じ人が書いているってことです。
全然毛色が違うんですもの。
私は金色の『FORBIDDEN SEPTEMBER』の方から読んだので、
まずは「若いなあ、すごいなあ」という印象でした。
続いて『失う〜』の方を読んだら「人生の機微を判ってらっしゃる、大人だなあ」と思ったのです。
どうしてくれましょうか。この変幻自在。
『失う〜』のさわちゃんのエピソードが一番こたえました。
「本当よねー」って。
30代ですから、身に染みます。


【−宵町UNION−】
『変身ヒロイン リコさんの日常』
私がお話(映画でも小説でも)を好きになる基準は
「現実にもいるような錯覚に気分になれるかどうか」です。
世界のどこかに本当に存在しているんじゃないか、
登場人物たちが今もどこかで生活しているんじゃないか、
って思わせてくれるお話が大好きです。
ジラフマートもリコさんもサトミも、とりあえず練馬区か板橋区あたりにいそうです。
リコさんもサトミも根っからのいい人って感じがします。
すごく好感がもてます。
キャラが立つってこういうことを言うんですか?


【−柏花/YURGE−】
『うつつうつつ』
「ネオトーキョーだべさ」のときから好きです。
本気で笑ってしまうんです。
お祭りのお話も、しっとりと終わるのかなーと思いきや、
やっぱりクスッとさせてくれるんですよねえ。
そして、どんどん絵が上手になっている気がします。
もともと上手です、上手ですけど、輪をかけて。
すごいな。いつの間に。
疾走感はもちろんですが、信号の描き方とかたまらないです。
あとおまけの『ししまい番長』もいいですよねえ。
恋がしたくなっちゃうわ。共学に通ってみたくなっちゃうわ。


【−アニュウリズム−】
『まとめタミコ』
『drawing collection vol.2』
女性っぽい女性にあこがれるんですが、
性別を意識させない女性も魅力的ですよね。
結局、人間として「興味深い人」を好きになってしまいますもの。
で、そういう女性にこそ、かわいらしさを感じてしまうんですよねえ。
というわけで、私が男だったら、確実にタミコに恋をしてしまうと思います。
タミコと同棲したいなあ。
一日中、見ているだけで楽しいだろうなあ。
裏表紙の「ま」ってどういう意味かなあ。


【−黒つぐみ−】
『てあみ!』
『黒つぐみ短編集@』
衝撃でした。
衝撃的におもしろかったです。
なんか揺るぎないものを感じました。
もっと読みたい、もっと読みたいです。
絵がいろいろなんですが、短編集の方の絵が格好いい!
こんなに緻密な絵から、笑いにつながっていくって、すごいなあ。


【−三好吾一−】
『ちょっとよろしい? しゃげるくん』
『かわらばんくん』
しゃげるくんには、心奪われました。
こういうの、やりたかった。でも私にはできなかった。
見事! 感動! うらやましい! 
人間じゃないものが出てくるお話、大好きです。
じゃらゾウくん、ヒヤナイほかにもいろいろ。
キュート! チャーミング! ポッチャリ!
しゃげるくんの造形が私の心をワシづかみにしました。
かわらばんくんは、クラスにいたらちょっといじわるしたくなるわあ。
あっさりした絵なのに、すごく人間くさい。


【−山坂書房−】
『漫画雑誌 山坂』第四号
『漫画雑誌 山坂』第五号
私、実は漫画をあまり読まないのです。
定期的に漫画雑誌を買ったこともありません。
だもので、若いころ持ち込みに行ったときに
「好きな漫画家は?」と聞かれて昔の漫画家を答えたら、
「生きている人では?」と言われて、
答えられなかった、ってえエピソードがあります。
そんな私にも安心して読める漫画雑誌です。
というか、これが普通に月刊誌だったら毎月買います。
こういう漫画を求めている人、たくさんいると思うわ。
言い過ぎでなく、全部良いんですもの!
雑誌だけど、読み飽きない。
構成もいいですよね、すごく完成されているわあ。


【−なるなる文庫−】
『はなせるね ロボ』
なんでロボットって、せつないのかしら。
ロボってそれだけで、なんだかキュンとしちゃうのよね。
今回も前半が愉快であればあるほど、のんきであればあるほど、
最後にフワッともっていかれるのよねえ。
前向きなせつなさなんですけどね。
「このまま、みんな幸せであってくれよ」と願ってしまうのです。
なんでかなあ。
この坊やも大人になるんだろうしなあ。
思い出すだけでも、キュンキュンする。
でも、もっとキュンキュンさせてって思うのです。


【−ココノツ−】
『ストーリーテラーとうさぎの家』
以前、吉井ちこさんに教えてもらった作家さんで、
今回となりのスペースだったので、買ってみたのです。
軽い気持ちでした。
そしたら……泣ける!
これはもう……泣ける!
と思っていたら、すでに第二版だったのですねえ。
たしかに、だってこれはとても良いもの。
お話のすばらしさは、ぜひ読んで確かめていただきたいのですが、
あとがきの「本物」にとどめを刺されるんですよ。
女性ヴォーカルの曲を聴いて涙を流す、女子中学生のように、
感情移入しすぎて、心をゆさぶられます。


【−近藤うも−】
『GRAPEFRUIT 特集かりあげクン大調査』
こういう本を待っていました。
バイブルにします。


【−いまい漫画会社−】
『予告編』
新刊の予告編です。
「これで終わりでも良かったんじゃないか」
と、友人と話していたんですが、
今、いまい社長のブログを確認したところ、
もっと真摯なお気持ちでいらっしゃって、
「そういうことなら待ちましょう」と思いました。
間に合わないとか言いつつ、車とか町並みとかちゃんと描いてるんですよねえ。
私だったら「四角をならべて、家」みたいに強引に描いてしまうので、
見習わなければならないなと反省したのです。
続きが気になるわ。


【−山本美希−】
『爆弾にリボン オフィシャルPV』(DVD)
もらっちゃいましたよー。
サインも入っているわよー。やったね!
自費出版の方を持っているので、単行本を買っていなかったのですが、
実物を見たら(触ったら、持ったら)欲しくなっちゃいますねえ。
山本さんには世界がどう見えているのかしら。
この構図は真似できないわあ。
「ラクしよう」とか「この程度でいいか」
なんて姑息な感じが一切ない、
考え抜かれている印象を受けます。完璧。


以上です。
本当に全部おもしろくって、びっくりしました。
こんなに描ける人がうようよしているんだぜえ。
すごいよ、がんばらなきゃなあ。
posted by エベレストライブラリSTAFF at 23:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。