2013年02月01日

無二日記。

こんばんは、
エベレストライブラリスタッフブログの者です、
『賞味期限をぶっ飛ばせ!』スレッドの愛読者です。

二月ですね。
僕は数字の2が何故だか小さい頃から好きなのです。
良く分からないけど黄緑色のイメージがあります。
黄緑色も好きなのです。
寧ろ黄緑色のほうがちょっと好きです。
2が好きなのでATMもおトイレも左から二番目を好んで使います。

一月が、早い。
早かったですね、あれ、僕一月中、ちゃんとまばたきしていたっけか、
という程にあっという間に一月の日々が駆け抜けてゆきました。
二度とは戻れない毎日だからこそ、
時間は貴重だというのにお休みだからってゴロゴロして過ごしてしまった、
そんな日も愛おしいものだと思います。
のんびり過ごすのも素晴らしいことなんですよね。

だって、ねえ、まあ、所詮、
後悔なんてものは見方によっては後付け設定な訳ですから。
本当、そうとでも思ってなけれゃあやってけないっすよ……
おっと、ゲッソリ顔になってしまいました。

後付け設定は英語ではretconと言います。
retroactive continuity(遡及効連続性、とでも訳せましょうか)の略です。
過去に戻れるだなんてこれって実のところ凄いことですね。
ある意味では後悔は究極の温故知新への乗船券かも知れませんね。
近場の使い勝手ではopportunismという言葉もあります。
御都合主義とか日和見主義と訳されることも多く、
基本的には悪い意味で使うことが多めな言葉ですが、
オポテューニティというのは機会という意味ですから、
前向きな、良い意味で使ってゆきたい概念ですね。
日和見だって、本来は天気を見るというだけの意味です。
だからポジティヴな方角に拡大解釈して伸ばしてゆきたいものですね!
ミルクで伸ばす二日目のカレー的な!(2が好きなのです)
つまり、後悔を活かすも飼い殺してしまうのも我々の匙のスナップ次第という!
当たり前の結論に辿り着いてしまいましたが何処か懐かしい故郷への道のりにも似て。

ということでございまして、
仰げば尊し、
多少の過去を仰ぎ見るのも、
袖すり合うのも他生の縁(袖振り合うのも多生の縁、袖触れ合うのも多少の縁?)、
振れ幅曖昧なのも日本の持ち味、
そんなこんなで、『まりちゃん』が纏まります。
輪廻転生、また生まれます。

関根さんの近年のスマッシュヒット作シリーズ群、
『まりちゃん』『もっとまりちゃん』『やっとまりちゃん』が、
もやっと一冊の本になります。
まりちゃん読んでみたかったけどまだ読んでいないよ、というかたも、
まりちゃん短編だから纏めて読みたいよ、というかたも、
まりちゃんもう読んだよ、でもなんか軽やかなおまけ付いてるかも(アタリです)、
というかたも、
まりちゃんって! というかたも、
是非この機会に手に取っていただけたら幸いです!
3 on 1!
3 in 1!
チャンリンシャン!

2月3日のコミティアに照準を合わせ合いっこしませんか。
つまり、2月3日のコミティアに向けて鋭意製作中ですのでお楽しみに!

詳細はまた明日、当ブログにて垂れ流します。

それでは一先ず、今日はこの辺で失礼致します。

あ、最後にもうひとつ見つけました。
本日は2月1日ですが、
ついたちは朔とも書きます。
朔というのは新月の意味です。
キックボードっぽい土台みたいな形のしんにょうに乗っかれば、
遡、過去へのサーフライディングですね。
このしんにょうも点々がふたつ付いているので、二月に、ぴったり……
あれ、なんかいろいろリンクして丸く収まると思ったら、
最後の最後で締まらないというかダバダバしてしまいました。
そういえば、
お裁縫の玉どめのやり方が良く分かっていないような人でした僕ってば。
このくだり正直いらなかったかも知れません。

それでは。(すごすご)

7も好きです、エベレストライブラリ。
posted by エベレストライブラリSTAFF at 06:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。