2013年02月04日

ストロベリ・オン・ザ・ショート・ヘヤー。

こんばんは、
エベレストライブラリスタッフブログの者です、
『ゲームセンターCX』と『WORLD DOWNTOWN』さえあれば生きてゆけます。

本日のコミティアに参加された皆様、お疲れ様でした。
関根さんのブースにお越しいただいたかたがた、
お買い上げいただいたかたがた、
本当にありがとうございました!
皆様は勿論のこと、皆様の三親等四親等一族郎党、
辺り一帯の草木や花々にまで(何だか元気玉みたいですね)、
感謝の極みでございます!
ありがとうございました!

そして、
関根さんや当サイトに励ましのお便りを下さったかたがた、
ありがとうございます!
じんわりと感激が広がり歓びを実感しました。
「嬉しいこと」だなんて都市伝説かな位に思い始めていた矢先、
本当にあったんだなあ、そんな風に強く思いました。強く頷きました!
ありがとうございます!

ちょっとした、それでいてどこかあたたかみのある副菜、
『まりちゃんのへや』、入手されましたか。
こちらですね、今後レア化するパターン、充分考えられますので、
コレクターズアイテムとして保管の方向でお願いします!

さて、
2010年代初頭の三年間を緩やかに切り出した、
息の長めな人気シリーズ、まりちゃんトリロジー総集編、
『いままでのまりちゃん』、
いままり、
良かったですねえ。
ちょっくらレポートしてみましょう。

表紙の黄昏の町並み、電線、和の情緒がすてきです。
オマケの四コマ、小気味良いです。
特に僕が感動したのはマスキングテープを模した題名の味!
ツアーはまだまだこれからですよ、続きまして、裏表紙もご覧下さい。
まりちゃん絵描き歌!
「サーカステント」さえ突破出来ればきっと描ける!
逆に意外と見逃しがちなのが背表紙。
教科書のような懐かしいフォント、シンプルで素晴らしい!
本棚に並べるのが楽しみになりますね!
ということで、とても可愛いご本に仕上がりました。
関係各位の皆様、重ね重ね御礼申し上げます。

今後も販売してゆきますので、
まだ持ってないっすというかたは是非お手許に!
お手元へと!
宜しくお願い致します!

いままり、
タイトルに「いままでの」とあるわけですから、
これからのまりちゃんにもご期待下さい!
僕も期待組に加えて下さい!
一緒にわくわくしながらしっとりと待ちましょう!
僕の勘だと、関根さんの次回作は、
シリーズ物のまりちゃん4の前にオリジナル新作が来るような気がします。
マイケル・ベイ大帝が『トランスフォーマー4』に取り掛かる前に、
『Pain & Gain』を撮った的な感じです。
今回は「WEAVING A STORY」という感じでしたので、
次こそは完全新作を!

ところで気付いたかたはいらっしゃるでしょうか。
本日のコミティアで各作品の見本の一冊ずつに貼られていた値札に、
節分に因みまして赤鬼さんが描かれていました。
ちょっと笑てる横顔の赤鬼さんです。
隅っこ好きとしては、このことは記して置きたい小世界の一片でした。

ともあれ、本日は誠にありがとうございました!
関根さん、またまた頑張りますのでご声援宜しくお願い致します!
それでは、ぐっすりのほうに先ずは取り掛かりましょう!

日曜夜でも微笑めるんね、エベレストライブラリ。
posted by エベレストライブラリSTAFF at 00:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。